年収300万円の会社員が副業と投資で資本家を目指すブログ

20代後半で年収300万円のしがないサラリーマンが副業と投資を通じてビジネスオーナーを目指します。

副業

アフィリエイトなどのネット副業で月50万円稼げるようになるまでの体験談

投稿日:2019年6月20日 更新日:

先日、Peingにて

「副業についてはどのように始められたのですか?」

という質問をいただいたので、本日は僕の副業人生を棚卸ししてみようと思います。

 

 

簡単に言うと、

 

マクロミルなどのアンケートサイト、モッピーなどのポイントサイトに手を出す

クラウドワークスで記事執筆代行の仕事をしてみる

ブログアフィリエイトにハマり、一気に稼げるように

YouTubeにハマる。徐々に法人からの仕事を獲得するように。

 

まあこんな流れになります。

途中でせどりや転売をやってみたり、仮想通貨アフィリエイトをやってみたり、有料noteを売ってみたりなどの小銭稼ぎは挟んでおりますが、大体はこんな流れです。

 

すなわち、始めはポイントサイトやクラウドソーシングなどの時間の切り売りの仕事をやりつつ、徐々にブログやYouTubeなどの資産性の高い副業にシフトしていき、最近はそのノウハウを活かして法人から業務委託案件の仕事を獲得したり…ということをしてきました。

 

これが正しいかどうかはさておき、副業だけでもなんとか生計を立てられるレベルにまでは成長することができたので、本日は僕がネットを駆使した副業で月50万円稼げるようになるまでの体験談をお話ししたいと思います。

正直、副業で月50万円なんてエリートサラリーマンの方々からしたらカスみたいな数字だと思うのですが、僕らのようなしがないサラリーマンにとっては月50万円の副収入があるだけでも生活は一変します。

 

過去のお話や失敗談をお話ししつつ、副業を始める際に気をつけた方が良い点なども書きますので、これから副業を始めようと思っている方のご参考になれば幸いです。

 

大企業勤務時代、ポイントサイトで500円を稼ぐ

僕が始めて手を出した副業は、ポイントサイトでした。

僕が新卒で入社した会社は老舗の大企業、ですが、僕はとにかく会社を辞めたかった。

 

それこそ、「会社辞めたい」「副業 オススメ」などのキーワードで検索し、会社以外でお金を稼ぐ方法を模索し続けました。

 

そんな時見つけたのが、「ポイントサイトやアンケートサイトでお金を稼げる!」という情報でした。

そこで、僕は早速マクロミルというアンケートサイトに登録し、隙間時間にポチポチアンケートに回答して小銭稼ぎを始めました。

まあ、ぶっちゃけ今思えばモッピーみたいなポイントサイトの方が遥かに稼ぎやすいんですが、当時は知識もなかったのでちまちまアンケートに回答して小銭を稼ぐという至極効率の悪いことをしておりました。

当時、500ポイントを貯めると500円振込してもらえるシステムだったのですが、なんとか1ヶ月で500ポイントを貯め、500円を手に入れて思いました。

 

「コスパ悪すぎだろ…」

 

とね。

 

まあ、やるとわかるんですけど、簡単なアンケートって言っても1分や2分かかるんですよ。

それでいて、1ポイントや2ポイント程度しかもらえないのです。すなわち1分で1円ですよ。時給換算したら60円です。馬鹿らしすぎw

 

ってことで、僕の初めての会社員副業、アンケートは500円稼いだだけで終わりました。

 

クラウドソーシングで記事執筆代行の仕事を請け負う

さて、ポイントサイトで稼ぐなんてアホらしいなあ…ということで次に僕が始めた副業はクラウドワークスでのライター案件でした。

具体的に言うと他人様のメディアの記事執筆代行を請け負うというものです。確か1文字1円とか2円とかそのくらいの単価で仕事を請け負っていたと思います。

当時、僕は京都に住んでいたのですが、京都好きということもあって京都に関する観光記事の執筆なんかをしておりました。

それで1記事執筆したら2000円くらいは受け取ることができましたので、バイト感覚で副業をこなしておりました。

 

ところが、またも僕は気づくわけです。

 

「これ、1記事執筆するのに2時間はかかるわけだから、時給1000円の仕事やん….」

 

しかも、クラウドソーシングと言っても依頼者とのやりとりは自分でするわけですから、メッセージのやり取りだったりのコミュニケーションコストもかさみます。

 

すなわち、時給1000円以下の仕事を僕はやっていたのです。

 

こりゃーいつまで経っても労働から抜け出せねえな…と思い、クラウドソーシングも辞めました。

そして次に僕が手を出したのは、ブログでした。

 

イケダハヤト先生に感化され、ブログを始める

当時、東京から高知の限界集落に移住し、ネット上で物議を醸していた方がおられました。

それは、イケダハヤト先生というお方です。

今でこそブログを捨てられたそうですが、当時はブログ界のトップランナーでした。

 

さて、2016年ごろ、そんなブログ界のトップランナーであるイケハヤ先生は、

 

「会社員なんかよりブログの方が稼げます!!」

「まだ東京で消耗してるの??田舎に行きましょう!!」

「大企業は、オワコンですw」

「好きなことで飯が食える時代なんですよ。ブログで毎日好きなことを書いていれば、飯が食えるようになります」

 

という主張を日々しておられました。(今も割とそうですが)

 

当時、大企業で消耗していた自分にとってイケハヤ先生の主張は魅力的でした。

もともと文章を書くのも苦手ではなかった僕は、早速ブログを始めました。

 

当時の僕のブログの名称ははっきりとは覚えていませんが「京都探訪」みたいなブログ名であったと思います。(こういう記事書いてました。今見ると超へっぽこな記事ですね笑)

すなわち、当時僕が住んでおり、大好きだった京都の魅力についてひたすら発信するブログです。

 

イケハヤ先生は「好きなことをひたすら発信していれば、それがお金になるんですよ」という論調でしたので、真面目な僕はそれを信じて京都に関する記事をひたすら執筆しておりました。

 

主な収益源はGoogle Adsenseでした。

確かに、Google Adsenseの収益はすぐに出ました。ブログでもそこそこ稼げるんだなあ、ということがわかりました。

ところが、問題はやはり収益性です。

 

Google Adsenseで新卒初任給の月給20万円くらい稼ごうと思ったら、とてつもないPV数を集めなきゃならないのです。

(詳しくはこちらの記事(アドセンスは稼げない)にも書いております。

 

あれ、これもコスパ悪くね….?

 

僕はそう気づくわけです。すなわち、ブログのGoogle Adsenseで稼ごうなんてコスパ悪すぎるのです。

ということで、早々とブログで稼ぐという方針にも暗雲立ち込めます。

 

まあ、とはいえ何をすれば良いかはわからなかったし、どんな記事を書けば良いのかもわからなかったので、好きなことを適当に書いてみようと思いました。

それこそ、「新卒でホワイト大企業に入社した僕が1年で会社を辞めた理由」とかそんな記事をいっぱい書きました。

 

すると、どうもキャリア論に関する記事が読まれるということに気づき始めました。

京都に関する僕のブログ記事よりも、僕の独自のキャリア論の方が遥かに多くの人に読まれるのです。

 

ということはですよ、僕が市場から求められているのは京都観光に関する記事なんかじゃなく、キャリアに関する情報発信ということです。

 

ということで、僕はブログ名を変更し、「20代の就活論」ということで、就活転職を含めた20代のキャリアに特化したブログを運営することにしました。

 

これがハマり、あれよあれよという間に月間20万PVほどを達成。

転職アフィリエイトや就活アフィリエイトもキャリア論とは相性がいいため、とりあえず持論を書いてアフィリエイトを貼っておけばそこそこ成約が取れるようになりました。

 

別の記事にも書いておりますが、ブログは書いてさえしてしまえば継続的に収入が入ってくるので資産性が高く、自分が労働していない間にも収益をもたらしてくれる僕にとってうってつけの副業でした。

 

ということで、色々試した挙句、ブログアフィリエイトで月に50万円以上の収益はコンスタントに得られるようになりました。

 

 

 

画像は僕が愛用しているASP、A8.netの収益確定画面です。

一つのASPからだけでもこれくらい稼げるようになりました。

ということで、僕はブロガーとして主に副業を進めることにしました。

 

現在。YouTubeにも手を出しつつ、法人案件の獲得に注力

さて、ブログでコンテンツ作るなら、どうせならブログの内容を喋ってそれもコンテンツにした方がよくね??

ということで、YouTubeも開始します。編集を一切しない喋りだけの動画ですが、お陰様でYouTubeチャンネル登録者数は現在1万人を超えました。

YouTubeからの収益もお小遣い程度ですが入ってくるようになりました。

まあ、無いよりはマシな程度です。

 

さて、この記事を書いている2019年6月現在、僕は気づきます。

 

「ブログアフィリエイトやYouTubeで小銭を稼ぐのも良いけれど、やっぱ企業などの法人からお金をもらって仕事するのが一番効率よく稼げるよね??」

 

ということです。

 

世の中、稼いでいる人ほど表に出てこないのです。

 

やはり、toCで消費者相手に商売をするよりも、toBで法人相手に商売をした方が単価が高い副業ができるなあ、と思い、現在は法人から仕事を獲得すべく、諸々のスキルを高めている次第でございます。

 

具体的にどうやって法人から副業の仕事を獲得するの??というと、手取り早いのは例えばプロ人材の副業紹介サービス「プロの副業」さんには僕はお世話になっておりまして、ここでSEOコンサルの業務委託案件などを紹介していただいております。

こちらのサービス、営業や会計、人事、マーケティング等の業務委託案件を紹介してくださるエージェントサービスなんですが、自分のスキルに自信があるという方はまずはこうしたエージェントサービスから副業の業務委託案件を獲得すると良いと思います。

実際に僕が面談に行ってきた体験談については下記記事に公開しておりますのでこちらもよければご覧ください。

プロ人材の副業紹介サービス「プロの副業」に行ってきた実体験談

 

ちなみに副業案件としては、マーケティング、プロモーション、新規事業開発、WEBデザイン、M&A、人事コンサルなど、その人のキャリアに合わせた業務委託案件を紹介してくれます。週1や月1からでもOKな案件もありますね。

 

無料相談もやっているみたいなので、「会社の隙間時間を使って業務委託の副業をやりたい!!」という方は是非ともこちらをご利用されることをオススメいたします。

相談はこちらからできますので、よかったらどうぞ。

 

また、似たようなサービスだとBTCエージェント for コンサルティングなんてのもあります。こちらはIT関係に特化してるみたいですが、マーケティングやエンジニア関係の業務委託の副業の仕事を紹介してくれます。

 

このように、副業推進の流れを受けて、副業での業務委託案件を紹介してくれるエージェントサービスも増えています。

 

こうしたサービスを存分に活用し、法人からの業務委託案件の仕事を獲得し、稼ぐ。

それこそが今後の副業に求められていることではないかと思い、僕は今はブログを更新し、YouTube動画をアップし続ける傍、法人からの副業の仕事を獲得するため日々奮闘しています。

 

まとめ

最後に、これから副業を始めるという方に向けてまとめですが、せどりでもブログでもYouTubeでもなんでも良いですが、とにかく色々やってみて、自分に合った副業を見つけてそれに注力しろ!!ということです。

 

少なくとも僕は途中でせどりにも手を出しましたが、あまり面白いと思えなかったので辞めました。

稼げる副業、楽しい副業というのは人によって異なると思いますので、自分で色々試してみて自分に合った副業を見つけるべきだと思うのです。

 

副業は人生を豊かにさせる、僕はそう思っております。

 

ではでは、資本家目指して頑張っていきましょう。

 

 

---------------------------------------------------


本ブログではアフィリエイト、投資、note、YouTubeなどの副業で月収30万円以上をコンスタントに稼いでいる僕が、労働以外でいかに不労所得を得るか、また、いかに効率的に節約するかについて有益な情報を発信することを目指しております。

 

元々は年収300万円ほどのしがない貧乏サラリーマンだった僕も、副業と投資と節約で年収の底上げに成功し、文字通り余裕のある生活を手に入れることができました。

 

とはいえ、ここまで来る道のりは決して易しいものではありませんでした。

 

大学を卒業して新卒で入社した会社をわずか1年未満で退職、その後塾を起業するも失敗、ベンチャーへ転職するも3ヶ月で退職、やっとこさ見つけた3社目の就職先は月に30時間ほど残業をしても月の手取りはわずか17万円...そんな挫折人生を歩んできました。

 

それでも、僕は副業と投資、節約術を学んだおかげで金銭面において何不自由ない生活を送ることができているのです。

 

副業なんてどんな会社員でもできるし、投資なんて元手がなくても始められるし、無駄な支出を減らせば人並みの幸せを送ることなんて可能なんです。

 

そんな僕の詳しいプロフィール、副業で稼げるようになるまでの過程を知りたい方は、是非ともこちらのプロフィール記事をご覧いただければと思います。

 

---------------------------------------------


副業メールマガジンを始めました。知識ゼロからアフィリエイトで月10万円を稼ぎ出すまでのメール講座、不労所得構築方法などの情報を発信しています。

 

忙しい会社員でも、毎日たった1時間の作業をするだけで月に10万円ほどの不労所得を稼ぎ出すことなんて簡単なんです。

本メルマガでは知識ゼロからアフィリエイトで月10万円を稼ぐための方法論や、YouTube、ポイントサイトなどあらゆる副業について誰にでもわかるように解説していきます。ご興味ある方はぜひご登録ください。

また、僕のメルマガへご登録いただいた皆さん限定で、本来は有料noteにて500円で販売している「こちらの記事(【好きなコトを探せ】特化ブログで稼げるジャンルを見つける方法)」を無料でお見せしています。

   

いつまで無料配布をしているかはわかりませんので、気になる方はこの機会に是非とも下記リンクより僕のメルマガにご登録ください!(もちろん無料ですし、嫌ならいつでも配信解除できますw)

 

今すぐタコペッティの副業メールマガジンに登録する!

 
 
 

連絡先はこちらまで →takopetty888@takopetty.net

 

Twitterはこちら(フォローしてね)↓

 

-副業
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

会社を辞めてアフィリエイトを専業に?堕落するよ。

「アフィリエイトで会社より稼げてしまった!会社を辞めよう!」 「会社を辞めて今のアフィリエイト事業に専念したら、もっと稼げるんだろうなあ…」 こんなことを考える方も多いと思います。   事実 …

サラリーマンの副業の始め方をゼロからわかりやすく解説する

「これから副業を始めてみたいけど、何から始めれば良いかわからない…」   こんな質問をよくいただきます。   ということで本日は、副業で会社員年収の倍以上を稼いでいる僕 …

【書評】ブロガーが現代広告の心理技術101を読んでみた感想

本日は、ブロガー、アフィリエイター、YouTuber、ツイッタラー、インスタグラマー…などなど、情報発信者にオススメの本をご紹介したいと思います。 それは、現代広告の心理技術101という本 …

ブログ開始半年でも収益は月10万超えるよ!ブログ運営報告

2016年12月にWordPressでブログを立ち上げてから既に半年が経過し、そろそろ1年が経とうとしています。 おかげさまで収益も伸びて、来年度は確定申告をしなければならない程度にはブログ収入が入っ …

無料ブログは稼げない。稼ぐならWordPressだ!

みなさん、ブログで稼ぎたいですよね。   「月5万の副収入さえあれば…」 「会社外の収益が欲しい!会社の奴隷にはなりたくない!」   皆さんこう仰います。 ですが、いろ …

プロフィール

運営者:タコペッティ

初めましてタコペッティと申します。

労働以外でお金を稼ぐ方法を毎日研究しています。このブログのコンセプトは、不労所得をいかに築き上げるかということです。

受験メディア:早慶受験ドットコム
働き方メディア:20代の就活論

を運営しており、アフィリエイト収入、note売上、米国株などの配当含め会社員の収入とは別で月収30万円ほどをコンスタントに稼いでいます。

そんな僕の詳しいプロフィールを知りたい方は、是非ともこちらをクリック!

 

メルマガ

メルマガ

最近はメルマガを始めました。知識ゼロから月10万円を稼ぐまでのアフィリエイトノウハウ、副業で不労所得を構築する方法などを発信していきます。

また、僕のメルマガへご登録いただいた皆さん限定で、本来は有料noteにて500円で販売しているこちらの記事(【好きなコトを探せ】特化ブログで稼げるジャンルを見つける方法)を無料でお見せしています。

いつまで無料配布をしているかはわかりませんので、気になる方はこの機会に是非とも下記リンクよりご登録ください!(もちろん無料ですし、嫌ならいつでも配信解除できますw)

タコペッティの副業メールマガジンに今すぐ登録する!

 

オンラインサロン

オンラインサロン

「直接僕から稼ぎ方を教わりたい!」

「ブログアフィリエイトの稼ぎ方、副業の稼ぎ方を手取り足取り教えてもらいたい!」

 

とお考えの方は、僕のオンラインサロンに是非とも入会していただければと思います。

 

月額1000円にはなりますが、僕が今まで製作してきた有料コンテンツを全て無料で見ることができるのに加え、きめ細かなフォローがついており質問もし放題となっています。

 

オンラインサロン会員には数億を動かしている起業家さんや、副業で月収35万円を稼いでいる学生さんなど、錚々たるメンバーがおります。

 

稼ぐための活発な意見交換を毎日行っておりますので、この機会に是非とも入会をご検討ください。

詳細は下記リンクになりますのでご興味ある方は下記リンクをご覧ください。

 

タコペッティのオンラインサロンの詳細を見てみる!

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク