年収300万円の会社員が副業と投資で資本家を目指すブログ

20代後半で年収300万円のしがないサラリーマンが副業と投資を通じてビジネスオーナーを目指します。

結婚

非モテ男よ!学生時代に結婚相手を見つけて付き合え!

投稿日:

年収…学歴…顔…

社会人になると、婚活でどうしても相手のスペックが気になってしまうもの。

こんな時、自分に自信のない非モテはこう思うわけです。

 

「ああ、自分のスペックじゃ結婚なんて無理だろうなあ…」

 

と。

 

事実、僕も大学2年生の時まではこう思っていました。

なんせ僕は大学2年生ごろまでは非モテ童貞を貫き、どうせ自分に彼女はできないからと下ネタばかりツイートし、意図的に女性を遠ざけておりました。

 

しかし、このままでは自分は一生結婚できない!社会に出て高年収になれるわけでもないし、出世できるわけでもない自分が会社員になって結婚できるはずもない!

 

そう考え、僕は一生非モテ童貞から抜け出すための努力を始めました。

 

自分の思想、価値観に合った伴侶を学生時代に見つけるのです。

言い換えれば、一生の伴侶となる結婚相手を学生時代のうちに見つけておくのです。

 

そして実際に僕はめちゃめちゃ気の合う女性を同じ大学で見つけ、アプローチし、付き合い、社会人になって結婚するに至りました。

 

今考えると、学生時代に婚活をしていなかったと思うと恐ろしい…

 

僕が社会人になってから婚活をしたら、絶対に結婚相手を見つけることはできなかったでしょう。

なんせ僕は副業収入を除けば20代後半で年収300万円にも満たないただの貧乏サラリーマン。なんの取り柄もない冴えない男です。

こんな僕でも学生時代に結婚相手を見つけ、社会人になって晴れてゴールインすることができたわけですから学生時代に婚約相手を見つけておくことのメリットは計り知れないでしょう。

 

ということで本日は、大学生時代の恋人と結婚をした僕が、学生時代に結婚相手を見つけておくことのメリットをお話ししたいと思います。

非モテ大学生ほど大学時代に結婚相手を見つけておくべきなんですよ。

 

では、見ていきましょう。

 

スペックを気にする必要がない

学生結婚の1番のメリットだと思うのがこれ。

 

自分も相手も、スペックを気にする必要はありません。

 

単純に自分が相手のことを好きかどうか、相手と価値観が合うかどうか、この点のみで恋人を選ぶことができます。

 

社会人になったら結婚相手の条件というのが一気に厳しくなりますからねえ…

 

「高学歴!高収入!高身長の人じゃないと付き合いません!」

 

このように、自分は大した女でもないのに結婚相手の条件だけはやたら厳しいという女性は大勢おります。

そんな女性と付き合うと金遣いが荒くて地雷だったりするわけですが、学生時代の婚活であればそんな条件を気にする必要はありません。

 

相手の年収やスペックなどは考えずに、純粋に自分と価値観が合うかどうか、気が合うかどうかだけを判断して付き合うことができます。

スペックを考えなくていいというのは大きなメリットです。

 

社会人になったら結婚相手に求める条件とかがクソ厳しいですからね~。

 

「結婚相手には最低でも年収1000万円を求めます!」

 

なんて平然とのたまう女性がいますが、いやいや年収1000万円って全サラリーマンの中でも5%くらいですからw

 

学生時代はいいですよ。

年収や学歴など相手のスペックを考えず、純恋愛ができるんですから…

 

てことで、スペックを考えずに婚活ができるというのは大学生時代に恋人を見つけておくことの1つ目のメリットです。

 

そもそも大学生は同世代の異性と出会いやすい

もう1つ学生時代に結婚相手を見つけておくメリットは、そもそも大学生活で将来の伴侶を見つけるのは簡単だということです。

社会人になると、異性と出会うためには自ら行動しなければなりません。

 

非モテにはきついですよね…

 

特に、職場が男ばかりだったり女ばかりだったりで出会いが少ないことも珍しくありません。

そのため、夜な夜な合コンに出かけたり、休日に街コンに出かけたりなどの努力が必要となります。

 

事実、僕の30代の上司は毎週のように街コンに出かけ、夜な夜な合コンに出かけ、日々を消耗させています。

 

特に婚活市場では男性が高い料金を支払わなければならないのでお金も時間も浪費するのでコスパが非常に悪いんですよね…

 

一方で大学生活ではどうでしょうか?

 

僕の友人の言葉を引用させていただくと、大学とは巨大合コン会場みたいなものです。

 

同年代の異性が一堂に会し、サークルや部活を含めて無料で気軽に同世代の異性と交流ができる機会なんて社会人になってからではあり得ません。

 

総合大学であれば女の子なんてよりどりみどりですからね~

 

サークルだろうが同じ授業だろうが、白昼堂々と同年代の異性を口説けるのが大学生活なのです。

事実、僕も今の妻とは大学の講義で知り合いました。

 

大学の講義でも、ゼミでも、サークルでも、なんでも構いません。是非とも色々なコミュニティに顔を出し、結婚相手を見繕っておきましょう。

 

社会人になったら職場か取引先くらいしか異性を口説ける相手がいないのです。

それ以外で口説こうと思ったら、合コンや街コンなど時間コスト、移動コストもかかるイベントをこなさねばなりません。

かといって職場や取引先の人間を口説こうと思ったら何かと面倒ですし、とにかく社会人の異性の出会いは場所が限られてくるのです。

 

大学時代ほど異性との出会いに恵まれている場所はありません。

 

ということで、そもそも同年代の異性と出会いやすいというのが2つ目のポイントです。

 

学生時代の共有体験をもとに結婚生活を楽しむことができる

さて、お次は結婚後の生活についてです。

これは僕が如実に感じているのですが、学生時代の相手と結婚をすると学生時代の思い出を話したりして結婚生活をより楽しむことができます。

それに、学生時代の相手が婚約者だと共通の知り合いも何かと多いので新たな出会いも広がるんですよねえ…

それこそ、僕はブログビジネスを営んでいる人間なので嫁から新たな出会い、新たなビジネスの種を貰うことなんていくらでもあるわけわけです。

 

学生時代の恋人と結婚すれば、結婚生活がより豊かになるだけでなく、新たな人々との出会いも生まれる可能性が出てくるのです。

 

これも大きなメリットではないでしょうか。

 

相手のことをとことん理解してから結婚できるので、結婚生活を円満に送れる

これも同じようなことですが、学生時代の恋人と結婚をすると離婚の確率が低いと言われています。

 

まあ理由はわかりますよね。

学生時代から付き合っていれば、お互いの悪い面もいい面も知り尽くしているわけです。

ですから結婚生活を送り始めて何か危機があったとしても、それを乗り越えられるだけの共通理解が既に双方にできているのです。

 

一方で社会人になってから合コンなどで見つけた相手と結婚するのは大変ですよ。

 

結婚してから始めて相手のことを知るということもありますし、共通理解が結婚後の生活から始まるのです。

 

もし結婚後に何か危機があったとすれば、それはお互いにとって始めての危機です。

その危機を乗り越えられなければ、最悪離婚…なんてこともあり得るわけです。

 

学生結婚だといいですよ。結婚後に危機があったとしても、相手がどんな人か、共通理解がしっかりできているので今更揉めることがないわけです。

 

ということで、結婚生活を円満に送れる可能性があるというのが4つ目のメリット。

 

両親への紹介が楽

こちら、最後になりますが、学生結婚だと両親への紹介が非常に楽ですw

事実、僕はそうでした。

 

「結婚相手を紹介するよ!大学が一緒だったんだ!」

「あらそう、よかったわねえ」

 

こんな感じでした。

僕も妻も双方こんな感じでした。

僕らが慶應大学出身ということもあるかもしれませんが、お互いに両親への紹介はスンナリ行きました。

合コンで知り合った人と結婚なんかすると両親へも紹介しにくいので、これも1つのメリットと言えるでしょう。

 

まとめ。大学生時代に結婚相手を見つけておこう

まとめとしてですが、大学生時代に結婚相手を見つけておくことのメリットは計り知れません。

僕は学生時代の恋人と結婚して新婚生活を送っていますが、気も合うしお互い共通理解はできているし隠し事もないしで、なにかと楽なんですよねえ…

 

本記事を読んでいらっしゃる学生の方がいれば、是非とも結婚相手を学生時代に見繕っておくことをオススメいたします。

 

….と、こんな記事を書いていながら数年後に離婚とかしたら噴飯ものなわけですが…w

 

ではでは今日はこの辺で。

---------------------------------------------------


本ブログではアフィリエイト、投資、note、YouTubeなどの副業で月収30万円以上をコンスタントに稼いでいる僕が、労働以外でいかに不労所得を得るか、また、いかに効率的に節約するかについて有益な情報を発信することを目指しております。

 

元々は年収300万円ほどのしがない貧乏サラリーマンだった僕も、副業と投資と節約で年収の底上げに成功し、文字通り余裕のある生活を手に入れることができました。

 

とはいえ、ここまで来る道のりは決して易しいものではありませんでした。

 

大学を卒業して新卒で入社した会社をわずか1年未満で退職、その後塾を起業するも失敗、ベンチャーへ転職するも3ヶ月で退職、やっとこさ見つけた3社目の就職先は月に30時間ほど残業をしても月の手取りはわずか17万円...そんな挫折人生を歩んできました。

 

それでも、僕は副業と投資、節約術を学んだおかげで金銭面において何不自由ない生活を送ることができているのです。

 

副業なんてどんな会社員でもできるし、投資なんて元手がなくても始められるし、無駄な支出を減らせば人並みの幸せを送ることなんて可能なんです。

 

そんな僕の詳しいプロフィール、副業で稼げるようになるまでの過程を知りたい方は、是非ともこちらのプロフィールを記事をご覧いただければと思います。

 

---------------------------------------------


LINE@始めました。ブログでは発信できない不労所得の構築方法、アフィリエイトの稼ぎ方、投資情報、お得なサービス情報などを発信していきます。

 

友だち追加

 

連絡先はこちらまで →takomiyusu@yahoo.co.jp

 

Twitterはこちら(フォローしてね)↓

 

-結婚
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

新婚1ヶ月目で妻とケンカ!夫がやるべきことは?対処法は?

「新婚1ヶ月目なのに嫁とケンカしてしまった…ヤバイ…」 「自分は悪くないはずなのに、どうして彼女は怒っているんだ?」   こんなことでお悩みの男性諸君もいらっしゃると思います。   …

和婚の結婚式場を探す!明治記念館ブライダルフェア体験談

前回は目黒雅叙園のブライダルフェアへ行ってきましたが、本日は明治記念館のブライダルフェアへ行ってきましたのでレポートを書きたいと思います。 前回の目黒雅叙園ブライダルフェアのレポート記事はこちらになり …

ブライダルフェア予約の自己アフィリエイトで稼ぐ方法

先日結婚をしまして、様々なブライダルフェアを予約して参加しまくっています。タコペッティです。 で、僕は何かを予約したり購入したりするときは必ずアフィリエイトサイトをチェックして自己アフィリエイトができ …

ゼクシィ経由で目黒雅叙園のブライダルフェアに参加した実体験談

ゼクシィにてブライダルフェアを探していたところ、目黒雅叙園でブライダルフェアがやっていたので本日行ってまいりました。 ゼクシイにはブライダルフェア専用ページがあるのでここから探したんですけど、いやーさ …

八芳園のブライダルフェアに参加した体験談レポート

本日は八芳園のブライダルフェアに参加してきたので、レポートを書いてみたいと思います。 前々回は目黒雅叙園、前回は明治記念館に行ってきたわけですが、何を隠そう僕らは和婚の結婚式を挙げたいのですよねー。 …

プロフィール

運営者:タコペッティ

初めましてタコペッティと申します。

労働以外でお金を稼ぐ方法を毎日研究しています。このブログのコンセプトは、不労所得をいかに築き上げるかということです。

受験メディア:早慶受験ドットコム
働き方メディア:20代の就活論

を運営しており、アフィリエイト収入、note売上、米国株などの配当含め月収30万円ほどをコンスタントに稼いでいます。

本ブログでは労働以外でいかに不労所得を得るかについて有益な情報を発信することを目指しております。

そんな僕の詳しいプロフィールを知りたい方は、是非ともこちらをクリック!

連絡先はこちらまで
→takomiyusu@yahoo.co.jp

Twitterはこちら(フォローしてね)↓

LINE@始めました。ブログでは発信できない不労所得の構築方法、アフィリエイトの稼ぎ方、投資情報などを発信していきます。

友だち追加

スポンサーリンク

スポンサーリンク